シャネル――ミニスカートをめぐって ココ・シャネルからカール・ラガーフェルドへの転換期 - 【シャネルアンテナ】 シャネル(CHANEL)人気アイテム情報

【シャネルアンテナ】 シャネル(CHANEL)人気アイテム情報 ホーム » カール・ラガーフェルド » シャネル――ミニスカートをめぐって ココ・シャネルからカール・ラガーフェルドへの転換期



シャネル――ミニスカートをめぐって ココ・シャネルからカール・ラガーフェルドへの転換期

先日のココ・シャネル名言で、ココが「膝は絶対見せてはいけない」という
発言をしていました。

ところが、現在のシャネルのプレタポルテコレクションでは、
ミニスカートが猛威を振るっています。

ココ亡き後の大ブランド、シャネル
カール・ラガーフェルドシャネルミニスカートを解禁するまでの物語です。

ココ・シャネル,カール・ラガーフェルド

(画像引用:シャネル公式サイトより、
カール・ラガーフェルドが想像するココ・シャネルとの出会い)


ココは、ひざ上のスカートについて一貫して否定していました。
「膝は関節よ。醜いわ」
ココが世に送り出したシャネルスーツは、どれもひざ下丈です。

晩年のインタビューにも、ミニスカートについてこんな発言をしています。
「大嫌い。慎みがなくて醜いわ。どうして女性が着るのかわからない。
挑発的で愚かさの極みというものでしょう」

ココの定番となったひざ下丈のスカートは、「シャネルレングス」とも呼ばれました。

シャネルレングス


ですが、ココの死後急速にシャネルの力は低下していきます。

ココ・シャネルという、もはや伝説的な人物がいなくなったこと、
女性の生き方を変えた、シャネルの看板がいなくなったことで、
シャネルというブランドの価値が低迷します。

その後を引き継ぎ、シャネルを再建したカール・ラガーフェルドですが、
ミニスカートに対する考え方もココとは正反対です。

いくつか、カールの言葉を拾ってみます。

シャネルミニスカートを断固拒否したが、
あの頃の女たちの膝は見せられるものではなかったからだ。
今日の若い女たちは充分に美しい膝を持っている。
第一、1910年代、20年代にシャネルがした服の提案は、今日のミニスカートみたいなものだった」

「現在は、もはやココ・シャネルの時代ではない。
ファッションも美しさの基準も完全に変わってしまった」



そうして、カール・ラガーフェルドシャネルのコレクションでミニスカート
解禁します。
すっかり「マダムたちのブランド」となっていたシャネルを、
若い女性にも開放したのです。

それはまさに、ココ・シャネルがファッション界にもたらした功績そのものでした。
そして、「ファッションは時代に柔軟に適応すべき」という、
ココの気持ちを代弁しているものでした。

実は、ココとカールは面識がありません。
それが、カール・ラガーフェルドにとって「シャネル」という大ブランドから
自由な環境だったとも言えるのです。

冒頭のスケッチは、カールが「もしココと私が対面していたら」という
場面を想起して描いたものです。

とても夢のある共演だとは思いませんか。


関連記事



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chanel-antenna.net/tb.php/59-9654648a