シャネル創業者「ココ・シャネル」 ブランド名の由来 - 【シャネルアンテナ】 シャネル(CHANEL)人気アイテム情報

【シャネルアンテナ】 シャネル(CHANEL)人気アイテム情報 ホーム » シャネルの歴史とファッション革命 » シャネル創業者「ココ・シャネル」 ブランド名の由来



シャネル創業者「ココ・シャネル」 ブランド名の由来

シャネル創業者、ココ・シャネルの本名は、「ガブリエル・ボヌール・シャネル」。
「ココ」は愛称であり、本名ではありません。

今でもココの「C」を2つ重ねたCCマークや、香水「ココ・マドモアゼル」などの
名称にも使われる「ココ」。
なぜこう呼ばれるようになったのでしょうか。

ココは元々歌手を志望していて、初舞台のキャバレーで歌った歌が「ko ko ri ko(ココリコ)」
(「ココリコ」はフランス語で「コケコッコー」の意味)と、
「Qui qu'a vu Coco dans le Trocadero(「トロカデロでココを見たのはだれ)」という
2つの歌だったのです。

この2曲は青年将校たちに大絶賛され、アンコールまでされる盛況ぶり。
次の日から、彼女は「ココ」という愛称で呼ばれるようになりました。

「ココ」という愛らしい響きは、若き日の彼女のステージネームだったのです。
歌手からデザイナーへの華麗な転身と、彼女のブランド力を象徴している名前が、
ココ・シャネル」なのです。


関連記事



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chanel-antenna.net/tb.php/15-5550b15c